トップ / 自動車を廃車にする方法は

自動車の抹消には

自動車を廃車にする方法は

自動車の登録の抹消方法

自動車の登録抹消には、一時抹消と永久抹消の2通りがあります。一時抹消はクルマを売却する際に、車検が切れているクルマに対して行われることが多いです。ナンバープレートが外され、買い手が現れたときに改めて登録をし直します。そうすることで、税金を支払う必要がなくなり、車検までの期間が短くなることもありません。永久抹消は文字通り、自動車を廃車にすることを言います。年式が古かったり、事故車だったりなど、売ることができないときに永久抹消を行います。ただ、日本国内では売れないクルマでも、海外では売れることも多いので、簡単に廃車にするのではなく、海外に販売ルートを持っている買取業者に査定してもらうことをおすすめします。

車の一時抹消について

所有する自動車を使用しなくなった場合には、即座に抹消登録手続きを行う必要があります。その中で一時抹消手続きは車の使用を一時的に中止する場合に行う手続きです。解体抹消と異なり、車自体は残りますので復活させて使用したい場合にはいつでも復活可能です。手続きには、車検証とナンバープレート(2枚)、印鑑証明が必要です。まずナンバープレートを返還し、その後申請書と印鑑証明、登録手数料証紙350円を陸運局の窓口に提出します。もし抹消前に自動車の名義を変更したい場合には、名義変更と一時抹消の同時申請が可能となっています。

↑PAGE TOP